阿部律子イメージ 阿部律子の住所
   プロフィール
   イベント会社などを経てフリーに。
   披露宴・イベントから葬儀までの各種司会、TVリポーター、CM出演、ナレーターなど。
   98年に着物コンテスト東北代表。着付け教室や着物関連イベント講師なども務める。
   さらに趣味のひとつ、釣りでは2000年渓流釣り大会で優勝経験あり。他に料理、写真、手話など多趣味で、何でもこなします。

   主な出演等履歴
   T V: "ABS ワイドゆう" "お買い物探検隊" "ショッピングQVC(モデル・ゲスト)" "秋田県広報番組かだろAkita"
   ラジオ: "ブックタイムトラベル" "かだろAkita"
   C M: "AABゴルフスクール" "新日本製薬パーフェクトワン(全国放送)"
   書 籍: "釣り東北" "美しいキモノ"
   イベント司会 :"秋田市竿燈祭り" "秋田港海の祭典" "天王グリーンランドまつり" ほか

2020年02月03日

シメサバ

2020020122440000.jpg


毎年秋になって太った鯖が出回り出したらシメサバを作ります。
私がシメサバ好きで買って食べたりしていたのですが、夫が買ったものは食べたがらないため作り始めました。

これまでいろいろ試して、ようやく定番レシピができました。
と言っても、分けとく山の野崎さんのレシピを、時間だけ自分流にしたものに定着しました(恐れ多いことですが)。

特徴は、まず、砂糖で〆ること。そして塩、そして酢の順です。


鯖を三枚おろします。

水で血などを流して拭き取り、バットに砂糖(我が家はきび砂糖)を敷いて皮を下にして鯖を置きます。

上からも砂糖で覆い、40分おき、水で洗って水気をふきとります。
2020020313050000.jpg
↑サバが大きかったため向きが互い違いですが、向きを揃えて尾側を低くなるように置くと良いと思います。

バットに塩を敷いて皮を下にして置き、上からも塩をかけ、1時間置きます。
2020020314590001.jpg

塩を洗い流して拭き取り、ヒタヒタの酢に40分浸けます。

キッチンペーパーで包み(浸した酢で湿らせます)、ラップでくるんで冷凍庫で2日間凍らせます。

冷蔵庫で丸1日ゆっくり解凍して、皮を剥いて、ピンセットなどで骨を抜きます。

切ったらわさび醤油で食べます!


シメサバ半身150g 509Kcal 塩分2.4g
1切れ10g 34Kcal 塩分0.2g

1人分5切れ 170Kcal 塩分0.8g 
付け醤油5g 4Kcal 塩分0.7g

1人分計174Kcal 塩分1.5g


【魚レシピなどの最新記事】
>>
posted by 阿部律子 at 13:07 | Comment(0) | 魚レシピなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: